Partners

Webサイトが検索に出てこない ヒットされない時に試したいこと

「Webサイトやホームページを開設した。」
「新しくページを追加した。」

早速検索でキーワードを入れてみても全くヒットしない。
そんなことありませんか?

検索でヒットさせるためにはコンテンツの見直しやそもそも検索エンジンの仕組みを知る必要があります。簡単に検索エンジンの仕組みと改善方法を見ていきましょう。

1. Googleの検索エンジンの仕組み

ここでは検索エンジンでシェアが高いGoogleの検索エンジンについておさらいしていきます。
検索エンジンの基本はクローラーがWebサイトの情報を収集して検索インデックスに格納します。

ユーザーがキーワードを入力して検索するとGoogle独自のランキングシステムによりキーワードに相応しいWebサイトを画面上に表示しています。
ランキングシステムのアルゴリズムの全貌は残念ながら非公開となっています。
もしアルゴリズムの全貌が公開されてしまえば不正も行えてしまうため非公開になっています。

例えばコンテンツの文字数が1万字以上のWebサイトは検索ランキングの上位に表示されると判明してしまえば大半のWebサイト運営者が真似をしてしまい質の悪いWebサイトが上位を独占してしまいます。
実際には数多くの指標を組み合わせて最終的に表示するWebサイトのランキングを決定しています。

Googleのランキングシステムに評価される方法としては下記の様な事柄があります。

・titleには短すぎず長すぎず適切なタイトルを付ける
・descriptionにはWebサイトの説明を記述する
・構造化データのマークアップをする
・本文はxx文字以上にする
・パンくずリストを付ける
・他サイトのコピーではなくオリジナリティー溢れた文にする
・モバイルフレンドリーなWebサイトにする

他にもランキングシステムに評価されるであろうと言われる事柄は沢山あります。
Google自体も検索エンジンはアップデートを随時行っているため、昔は効果的だった施策が今は効果が無いなんてことも。

2. Googleにとってのベストとは

Googleの検索エンジンはユーザーは無料で使っていますよね。
検索自体は無料で使っていて、ユーザーはお金を支払っていません。

Google検索エンジンの収益は検索結果に表示される広告からもたらされています。
全世界のユーザーがGoogleの検索エンジンを使えば使うほど、利用者が増えれば増えるほど、広告塔としての価値が高まり企業もGoogle広告にお金を支払う様になります。

逆に言うとユーザーが「Googleの検索エンジンって使いにくい。思っているような検索結果が出てこない。」なんてことが続けばユーザーのGoogle検索エンジン離れが起こり結果的にGoogleの収益が低下します。

つまりGoogleにとってすればユーザーにとって価値あるWebサイトを上位に表示させたいという意向が伺えます。

3. なぜ検索でヒットしない? クローラーに拾われていない可能性

ここまでを踏まえましてなぜWebサイトが検索でヒットしないかを探ってみましょう。
まずはクローラーにWebサイトが拾われていない可能性があります。

クローラーはそれこそ全世界のWebサイトの情報を収集しているため、出来たばかりのWebサイトやページはクローラーが検知しておらず結果的に検索インデックスにも登録されず、検索してもヒットしない可能性があります。

またクローラーが何かしらのエラーで上手く検知出来ていない可能性もあります。

GoogleではWebページ内のリストが記載されているサイトマップを使って直接検索インデックスに登録申請を行うことも出来るため検索でヒットしないのであればまずはそこを探ってみましょう。

4. 狙ったキーワードで評価されていない

クローラーのエラーも無く、検索インデックスも問題なく登録されているのに検索でヒットしない場合。
そもそも狙っているキーワードで評価されていない可能性もあります。

「製造業」でヒットして欲しいのに、Webサイトやページ自体に製造業についての記述が一切無く今日食べたお弁当についての記載しかなかったら。当然ながらGoogleはお弁当としてWebサイトやページは評価しても「製造業」として評価はしてくれません。

製造でヒットして欲しいなら製造に関するキーワードを本文に適切に入れてみましょう。

5. 狙ったキーワードの競合が強い

天気について書いたWebサイトやページを制作しても検索結果の1ページ目に表示されない。特にクローラー等のエラーもない。

そんな時は狙っているキーワードの競合Webサイトが強すぎる可能性があります。
天気で検索した場合には1ページ目は大手天気サイトで埋まっています。

個人や一企業が天気について記載しても検索結果の1ページ目に表示することは難しいでしょう。
2ページ、3ページ...以降になら表示される可能性はあります。

「芸能人 結婚」など速報性が高いキーワードに関しては個人や一企業のWebサイトが上位に表示されるチャンスもあります。

6. SEO対策していますか

Google検索エンジンに評価されるために適切なキーワードを見つける、良質なコンテンツを制作する、Webサイトの構造を見直す等の施策を行うのがSEO(検索エンジン最適化)と呼ばれています。

やみくもにWebサイトやホームページを制作しても、なかなか思った様にはGoogle検索エンジンに評価されません。また現在上位に表示されていても、Google検索エンジンの仕組みが変わればそれに対応する必要が出てきます。

Webサイトは運用してからがスタートであり改善活動は継続していくものです。
最終的にはユーザーにとって嬉しい、優しいWebサイトになる様にぜひ日頃からPDCAを回して対策を打っていきましょう。

7. VSOとは

昨今はモバイルから音声による検索を使うユーザーが増えています。
BtoC、BtoBにもよりますがVSO(音声検索対策)と呼ばれる音声検索エンジンの対策も求められてきます。

取れる対策としてはSEO対策と共通している要素もありますが、独自の工夫も必要なため今後も情報収集していきましょう。

コーポレイトサイトとは 掲載すべきコンテンツなどのご紹介

コーポレートサイトの必要性や掲載すべきコンテンツをご紹介しています。...続きを読む

UIデザインについて これだけは外せないチェックポイントとは

UIデザインについてやスキューモーフィズム、フラットデザインの歴史、チェックポイント等をご紹介しています。...続きを読む

オウンドメディアの意味や重要性

オウンドメディアの意味や重要性、ペイドメディア・アーンドメディアとの違いなどをご紹介しております。...続きを読む

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル AIDA・AIDMAについてご紹介しています。...続きを読む

SEO対策の歴史と良し悪しについて

SEO対策の歴史や良いSEO対策・悪いSEO対策についてご紹介しております。...続きを読む

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと...続きを読む

お問い合わせやご相談は下記リンクからお気軽にご相談ください。