Partners

WebサイトのSSL化はお済ですか?

WebサイトのSSL化はもうお済ですか?
SSL化が済んでいないとセキュリティリスクやブラウザ上で警告が出てユーザーの離脱に繋がるだけでなく検索順位へも悪影響を及ぼします。

この機にサイトのSSL化を見直してみましょう。

1. WebサイトのSSL化とは?

Webサイトの閲覧にはブラウザとサーバのデータ通信が発生します。
SSL化していないとブラウザとサーバのデータ通信が暗号化されておらず第三者のなりすましや悪用される危険性があります。

そこでSSL化することでデータ通信を暗号化します。
第三者がデータ通信を傍受しても暗号化されているため解読出来ず情報の流出やなりすましなどのセキュリティリスクが低減します。

2. SSL化をしない場合のデメリット

2-1. セキュリティリスクが高まる

SSL化をしていない場合には通信時のセキュリティリスクが高まりサイトの改ざんや傍受された場合に悪用される危険性があります。

2-2. ユーザー離脱に繋がる

URL部分に「保護されていない通信」と表示されるなどサイトを見たユーザーが「このサイトは安全ではない」と判断し離脱する可能性が高まります。

2-3. 検索順位が下がり事業にも悪影響を及ぼす

検索大手のGoogleはWebサイトのSSl化有無をランキングシグナルに採用しています。
検索においてGoogleのシェアは依然として高くSSL化していないWebサイトは評価が低いためWebサイトが上位表示されず
「Webサイトを使ってユーザーへの認知度を高めたい」「ブランド力を上げたい」と言ったビジネス上の課題達成にも悪影響を及ぼします。

3. SSL化しているサイト、していないサイトの見分け方

サイトのURLでSSL化しているか否かを見分けられます。
URLが「HTTP」であればSSL化しておらず「HTTPS」であればSSL化済みです。

SSL化出来ている場合

SSL化できていない場合

4. PartnersのサービスはSSL化対応

Partnersのホームページ制作サービスはSSL化対応済みですので、ご安心ください。
制作費無料のホームページ制作サービス

ユーザーの情報を守るため、ビジネス上の課題を達成するためにも
今後ますます必須事項になるためこの機会に導入してみましょう。

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル AIDA・AIDMAについてご紹介しています。...続きを読む

SEO対策の歴史と良し悪しについて

SEO対策の歴史や良いSEO対策・悪いSEO対策についてご紹介しております。...続きを読む

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと...続きを読む

ホームページの新規制作でやってはいけないこと

ホームページの新規制作でやってはいけないことについてまとめております。新規制作時にはこんなことに気を付けましょう。...続きを読む

noindexとnofollowを正しく活用してGoogle評価を高めよう

Google検索結果やPageRankに影響があるnoindexやnofollowについての解説記事です。正しく活用して検索結果を調整しましょう。...続きを読む

お問い合わせフォームの機能や在り方について

お問い合わせフォームの意義や必要な機能、在り方についてのコラムです。...続きを読む

お問い合わせやご相談は下記リンクからお気軽にご相談ください。