Partners

スマホ対応は当たり前の時代に

ひと昔前はWebサイトへのアクセスは大半がPCからでした。
スマホが流行りだしてから徐々にスマホからのアクセスの比率が上がり、今ではスマホでの閲覧がPCを逆転しています。

スマホ対応していないWebサイトは閲覧しにくいため結果的にスマホ閲覧のユーザー離脱にも繋がります。

貴社のWebサイトはスマホ対応がなされていますか?

1. PCとスマホのシェア率

ひと昔前はインターネット利用者の100%に近い人がPCから閲覧していました。
昨今スマホやタブレットがメインとなり、今では「スマホのみ」「スマホ + PC」の利用者が80%以上となりユーザーによってはPCを所有していない方も増えてきました。

2. スマホ対応していない場合のデメリット

WebサイトはPCとスマホで画像のサイズや解像度が異なります。
PC向けのWebサイトをスマホで頑張って閲覧することも可能ですが

「ユーザーが画面を拡大しないといけない」
「文字がはみ出している」
「ボタンが消えている」

上記の様なUIの違いによる使いづらさやそもそも必要となる機能が表示されない問題が発生します。
さらにはユーザーにとっての使いやすさだけでなくスマホ対応していないことによりGoogleの検索順位に悪影響を及ぼしひいては事業そのものへの影響も考えられます。

3. スマホ対応の多様化

一言でスマホ対応と言っても方法は様々です。
従来の通りPC向けサイトを制作した上で、スマホで閲覧した場合においてPC向けサイトにスマホデザインを適用するものやそもそもスマホ向けサイトをメインの制作、PC・スマホで最初から切り離して制作する方法など。

それぞれにかかるコストやメリット・デメリットがありますのでよく考えた上で適切な方法を選択しましょう。

4. AMP対応も取り入れていますか?

スマホ対応と言えばスマホ向けにデザインを整えることがメインでしたが
Googleが発表したAMP(Accelerated Mobile Pages)によりAMPを導入するWebサイトも増えてきました。

AMPを使用することで、Webサイトの表示が高速になり構造化の概念を導入することで
検索エンジンにも優しいWebサイトが出来上がり結果として検索順位にも好影響を及ぼします。

5. スマホ対応は必須?どれくらい重視すればいい?

スマホ対応は必須と言いつつもどれくらい重視するかはWebサイトの目的やユーザーによって異なります。

一般的にBtoC向けのWebサイトであればスマホからの閲覧率が高いためスマホ重視は必須と言えますしBtoB向けのWebサイトは比較的PCから閲覧されやすい傾向にあります。

しかしBtoB向けのサイトでも業界・業種によって異なり採用情報なども比較的スマホから閲覧されやすいため
Webサイトのそもそもの目的やターゲットとしているユーザーを想定した上で制作や改善を進めていきましょう。

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル

Web制作で考慮したいマーケティング 購買プロセス・購買行動モデル AIDA・AIDMAについてご紹介しています。...続きを読む

SEO対策の歴史と良し悪しについて

SEO対策の歴史や良いSEO対策・悪いSEO対策についてご紹介しております。...続きを読む

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと

なぜホームページのリニューアルが必要か 適切なタイミングと...続きを読む

ホームページの新規制作でやってはいけないこと

ホームページの新規制作でやってはいけないことについてまとめております。新規制作時にはこんなことに気を付けましょう。...続きを読む

noindexとnofollowを正しく活用してGoogle評価を高めよう

Google検索結果やPageRankに影響があるnoindexやnofollowについての解説記事です。正しく活用して検索結果を調整しましょう。...続きを読む

お問い合わせフォームの機能や在り方について

お問い合わせフォームの意義や必要な機能、在り方についてのコラムです。...続きを読む

お問い合わせやご相談は下記リンクからお気軽にご相談ください。